羽子板に松竹梅刺繍名古屋帯「工芸キモノ野口」-京呉服取扱、京都市中京区の株式会社塚本です

京呉服をはじめ、お着物のことならお仕立てからお直しまで、お気軽にご相談下さいませ。

お電話 075-221-6610

京ブログ

羽子板に松竹梅刺繍名古屋帯「工芸キモノ野口」

2021.11.08

本日ご紹介致します商品は、刺繡の名古屋帯「羽子板に松竹梅」でございます。

016 (3)s

312 (3)s

106 (2)s

058 (2)s

282 (2)s

058 (3)s

079 (3)s

109 (3)s

100 (3)s

094 (3)s

 

塩瀬より縮緬に近い上質な生地を薄桜色に染め、羽子板の中に松竹梅を表した名古屋帯です。

羽子板の中に紗綾形の地紋の生地と疋田絞りの生地を張り、松竹梅と羽根は刺繍で表しております。

新春にぴったりなお洒落用の名古屋帯、小紋や紬・お召しなどに合わせていただけます。

 

弊社も色々と生地や柄を変えて誂える工芸キモノ野口の刺繍名古屋帯シリーズ。

こちらも先日ご紹介しましたサンタクロースの帯と一緒にメディア掲載予定の商品です(発売まで内緒)

そのお知らせが11月後半になってしまうので、先に現品のご紹介をさせていただきました。

お正月って直ぐ来てしまいますからね(笑)

 お好みに合われましたら是非お申しつけくださいませ。

 

 ※価格は弊社ホームページのおすすめ商品に記載しておりますのでご覧ください。


このページの最上部へ