葵と桐散し小紋-京呉服取扱、京都市中京区の株式会社塚本です

京呉服をはじめ、お着物のことならお仕立てからお直しまで、お気軽にご相談下さいませ。

お電話 075-221-6610

京ブログ

葵と桐散し小紋

2022.04.11

本日ご紹介致します商品は、女優の吉田羊さんの着こなしで美しいキモノ2021春号掲載に掲載致しました葵と桐散し小紋でございます。

054 (3)s

001 (3)s

149 (3)s

084 (3)s

087 (3)s

072 (3)s

061 (3)s

078 (3)s

030 (3)s

102 (3)s

約1年ぶりに誂えました人気の図案でございます。

弊社ではお馴染みの上質な「初音」の生地を青磁色に染め、葵と桐の柄を散らしたはんなりした小紋です。

 

古典模様の「葵」と「桐」を散らした上品な飛び柄の小紋、柄の大きさも控えめで品の良いお着物。

帯合わせもちょっとフォーマルな袋帯をあわせて付下げ風なきこなしにしたり、

吉田羊さんの様に染の名古屋帯をあわせてお洒落小紋としてお召し頂いたりと幅広くお使いいただけます。

工芸キモノ野口の商品なので品質・センスとも抜群、

タンスに1枚は入れておきたい優等生なお着物ですね。

 

昨年の春、美しいキモノに掲載していただいた時は沢山のお問い合わせをいただきましたが、

美しいキモノ本誌の写真と現品の色が光の加減で違って見えたのでお問い合わせのお返事が大変でした(苦笑)

最終的にはご来店いただいたお客様に色の違いを納得していただいてご購入いただいたのですが、画像と現品の色が微妙に違って見えるのはよくある事です。

それならば逆に美しいキモノの吉田羊さん着用の色に寄せて作ってしまおうと思い、出来上がったのがこの商品でございます(笑)

お好みに合われましたら是非お申しつけくださいませ。


※価格は弊社ホームページのおすすめ商品に記載しておりますのでご覧ください。


このページの最上部へ