葡萄華文袋帯「洛風林」-京呉服取扱、京都市中京区の株式会社塚本です

京呉服をはじめ、お着物のことならお仕立てからお直しまで、お気軽にご相談下さいませ。

お電話 075-221-6610

京ブログ

葡萄華文袋帯「洛風林」

2022.05.10

本日ご紹介致します商品は、洛風林の葡萄華文袋帯でございます。

305 (2)s

045 (2)s

053 (2)s

020 (2)s

038 (2)s

029 (3)s

032 (2)s

062 (2)s

057 (2)s

こちらは洛風林オリジナルの帯地「飛天錦」

節のある真綿糸に箔を巻き付けた特殊な経糸、そして一昼夜水に浸した「濡れ緯」を緯糸に使用した織。

この糸使いは織るのが大変難しく熟練の技術が必要で、織りあがった帯の表情は光の加減よ見る角度で変わります。

そして触って頂いた方だけわかっていただけるシャリ感、とほんの少しだけの透け感。

この生地風のお陰で袷の時期だけでは無く単衣の時期も締めていだだけます。

 

以前にお伝えしておりました通り、「飛天錦」の織り手さんは高齢化により引退しておられます。

もう手に入らないとおもっていたのですが、幸運なことに洛風林さんが在庫でお持ちだったものをわけていただきました。

正倉院の文様として有名な「葡萄華文」

大変希少な逸品でございます、お好みに合われましたら是非お申しつけくださいませ。

 

※価格は弊社ホームページのおすすめ商品に記載しておりますのでご覧ください。

 

工芸帯地「洛風林」

『真実に美しいものは常に新しい』

もはや説明はいらないでしょう、1954年創業で三宅清治郎、白洲正子、河合寛治郎、棟方志功など多くの文化人との交流の中で培った審美眼で世界中を旅し集めた染織品や工芸品を研究しイメージした図案で制作された帯。

現代でも樋口可南子さんや森田空実さんなど多くの著名人や着物通から信頼を寄せられているブランドです。


このページの最上部へ